HOME | Youtube

注文住宅、リフォームの使える間取り情報やアイデアを投稿していきます♪

皆様の快適な夢のマイホームの参考になればうれしいです^^
ZEROGROUP オフィシャルサイト http://www.zero-search.co.jp/
★施工写真やブログなど、参考情報たくさん掲載していきます♪

◇給湯器のパイプの補修工事
 パイプが割れ水漏れのため補修。
 案外簡単に短時間でできます。

◇ワイヤレスインターホン取付工事
 配線工事もなく簡単に取付可能。
 子機は持運び可能で便利。
 

◇浪速区分譲マンション 
     1DKフルリノベーション
 
今回は、ご予算の兼ね合いもあり、トータル100万円でできる限り賃貸のお客様がつきやすいようリノベーションしたいとのご要望でした。
賃貸事業部もある不動産屋の当社がやるリノベーション、腕の見せ所ですね。
 

工事内容:キッチン新調、洗面台新調、トイレ(ウォシュレット機能に変更)、洗濯パン新規取付(蛇口設置)、壁紙全張替、クッションフロア張替、ブレーカ新調、照明新調、他

◇分譲マンション フルリノベーション
 
工事内容:キッチン新調、浴室新調(追炊き機能付)、トイレ新調(ウォシュレット機能付)、可動棚取付、畳全張替、壁紙全張替、襖全張替、他

サウンディング試験は、住宅建築前に行う、土地の地盤の強さ(支持力度の強さ)を調べる調査法の1つで、戸建て住宅等の地盤調査の方式として、最も広く普及している工法です。
調査は、先端がスクリュー状になった鉄の棒を地盤面から差し込み、荷重をかけながら回転貫入させ、その深さや回転数で地盤の強さを判定していきます。

調査深度は約10m、原則として敷地の四隅ないし、敷地の中心を加えた4~5カ所で行っていきます。

当社では、全邸土地に10年保証(保証額5,000万円)をおつけしております。全てのお客様に将来に渡って安心して頂けるよう日々頑張っています。

柱状改良工事とは、
地盤の弱い土地に、2メートル以上8メートル以下の深さの場合に用いられる方法で、土の中にコンクリートの柱を造ってしまう方法です。主に土地が軟弱で建物を支えれないと判断された場合に用いられる工法です。
動画のように、セメントミルクを土に添加しながら撹拌して、
直径60センチほどのコンクリートの柱を地中に作ります。

柱状改良した柱の先端は、硬い地盤の深さまで到達していなければなりません。

しかし、柱状改良はその硬い地盤で支えるだけではなく、
柱と柱の周囲の土による摩擦力も加わることで建物の荷重を支える構造になっています。